ニキビ跡 クレーター

 

凸凹クレーターが残るニキビ跡

ニキビ跡で最も気になると答える方が多いのが、凸凹のクレーター状のニキビ跡なのではないでしょうか?

 

肌の表面が凸凹になってしまうのは、ニキビによる毛穴の炎症が悪化してしまい毛穴周辺の皮膚組織が傷つけられ、
皮膚組織内部の真皮層で新しい皮膚が再生されなくなってしまったためだと言われています。
よって、もとの肌のように完治させることは難しいようです。

 

しかし、対策が全くないということではなく、正しい洗顔とスキンケア、生活習慣の見直しなどで目立たなくさせることはできるようです。

 

肌の弾力を取り戻す

特にニキビ肌に効果が高いと言われているビタミンC誘導体は肌のコラーゲンを増やすと言われ、肌の弾力を取り戻すことができます。
よって、洗顔後に使う化粧水には、ぜひビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

また、肌周期を促進させるピーリングも洗顔と同時に行うようにすると良いようです。
肌の汚れをすっきりと落とすことで凸凹のニキビ跡に効果のある成分が肌の置くまで届きやすくなります

 

気をつけたいのは、洗顔時にゴシゴシとこすってしまったり、凸凹のニキビ跡に何度も触れてしまうことです。
凸凹が気になる部分は乾燥させないようにしっかりと保湿をし、いつも清潔にしておくことがとても大切です。

 

生活習慣の見直し

不規則な食事や睡眠もニキビ跡を治りにくくし、またニキビができやすい肌となってしまうので注意が必要です。
毎日、どんなものを何時ごろ食べているのかメモしてみると、食生活の見直しにとても役に立ちます。
また、夜更かしの習慣を改めることも、ニキビ跡の目立たないきれいな肌作りには欠かせません。

 

凸凹クレーターがひどい

凸凹がひどい場合には、皮膚科での治療をおすすめします。
皮膚科で行われている主な治療法として、ケミカルピーリング、レーザー治療、FGF治療、フォトフェイシャルなどが挙げられます。
特に最近では、線維芽細胞増殖因子を凸凹になった部分に注射をして細胞を増殖させるFGF治療がとても注目されているようです。
治療費は高額のようですが、高い効果に期待ができると言われています。

 

凸凹クレーターが残るニキビ跡関連ページ

赤みが残るニキビ跡
赤みが残るニキビ跡は、炎症を治そうと毛細血管が集まってきた名残です。通常は放置しておいても肌のターンオーバーによって元に戻ることが多いのですが、そのまま残ってしまった状態で、清潔と保湿を保ちスキンケアを行うことで治します。
色素沈着が残るニキビ跡
色素沈着が残るニキビ跡は、ニキビが炎症や化膿した後、毛穴の周辺にある毛細血管の破裂が原因となって紫色になったものや、表皮の表面や奥のメラニンが原因となって茶色のシミのようになったものがあります。刺激のし過ぎや紫外線に多く当たるなどが原因だそうです。