ニキビ跡の種類

 

ニキビ跡の種類

ニキビが発生してしまっただけでも見た目が悪くなって不快な思いをしますが、やっかいなのはキレイに治らずにニキビ跡が残ってしまった場合です。
正しいニキビケアを行わないとニキビ跡が残ってしまい、なかなか改善されないままとなってしまいますので注意が必要です。
ニキビ跡にもいくつか種類がありますので、それぞれの違いについて確認してみましょう。

 

赤みが残るニキビ跡

まずは赤みが残ってしまうニキビ跡です。
パッと見た時には赤ニキビかな?と勘違いしてしまうほど見分けのつきにくいものですが、実は炎症はすでに治まっているのに赤みだけが残ってしまっている状態なのです。
赤ニキビはプクッと浮き上がっている状態ですが、赤みのあるニキビ跡は平らな状態に戻っています。
見た目がかなり気になってしまいますが、そのまま放置していても肌のターンオーバーによって元通りに戻る可能性が高いと言われています。
ただある程度期間は要しますので、その覚悟が必要となります。

 

色素沈着が残るニキビ跡

次に色素沈着で残ってしまうニキビ跡です。
紫っぽい色が残ってしまったり、茶色っぽい色が残る場合があります。
色素沈着が起こる原因としては、毛細血管が内出血を起こしたことやメラニン色素が生成されたことでシミになってしまったと考えられます。
これらのニキビ跡の場合も正常にターンオーバーが行われることで次第に目立たなくなると期待できます。

 

凸凹クレーターが残るニキビ跡

最後に凹凸のクレーター状態になって残るニキビ跡です。
一番やっかいなのがこのタイプのニキビ跡で、これだけは本当に改善が難しいといわれています。
ニキビが気になっていつも触っていたり、潰してしまったという方はクレーター状態のニキビ跡へと発展しやすいので注意が必要です。

 

それぞれのニキビ跡で適切なケア方法が異なりますので、自分の場合はどんな対処法をとるべきなのかということをよく理解しておく必要があります。
自分での対処が難しい場合は皮膚科医などの専門医にご相談のうえ適切な処置を受けてください。

 

ニキビ跡の種類記事一覧

赤みが残るニキビ跡

ニキビには、白にニキビや黒にニキビ、黄ニキビ、赤ニキビなど種類があるのをご存知でしょうか?中でも赤みがあるニキビやニキビ跡は、ニキビの初期段階である白ニキビに、アクネ菌などの雑菌が繁殖して炎症を起こしたものだと言われています。また、ニキビの部分が紫外線にあたることで、皮脂が酸化して炎症を起こしたため...

≫続きを読む

色素沈着が残るニキビ跡

ニキビができてしまった後に、刺激のし過ぎや紫外線に多く当たるなどが原因で色素沈着を起こしてしまう場合があります。色素沈着が残るニキビ跡にはいくつかの種類があると言われています。ニキビが炎症や化膿した後、毛穴の周辺にある毛細血管の破裂が原因となって紫色になったものや、表皮の表面や奥のメラニンが原因とな...

≫続きを読む

凸凹クレーターが残るニキビ跡

ニキビ跡で最も気になると答える方が多いのが、凸凹のクレーター状のニキビ跡なのではないでしょうか?肌の表面が凸凹になってしまうのは、ニキビによる毛穴の炎症が悪化してしまい毛穴周辺の皮膚組織が傷つけられ、皮膚組織内部の真皮層で新しい皮膚が再生されなくなってしまったためだと言われています。よって、もとの肌...

≫続きを読む