ニキビ跡を治す方法

 

ニキビ跡を消す方法 ね!消えてるでしょ!

ご覧になっていただいた通り、赤みのニキビ跡が消えています。ヾ(´^ω^)ノ♪
同じ悩みを抱えた方にしかわからない、毎日のささやかな努力も、これからは必要なくなりました!

 

これからは、外出する時にファンデーションやコンシーラーでニキビ跡を隠す必要がなくなり、おかげで、すっぴんのまま出かけてしまうことが多くなったので、そこは家族に注意されてしまいますけどね。(;´д`)ゞ

 

そんなに気にしなくてもいいじゃないの?
なんて、男の人とか思うかもしれませんが、私にとってはコンプレックスの塊でした。
そんな思いをしなくてもよくなっただけ、毎日がとても充実しています!

 

↑をクリックする前に、まずはコチラを読んでください(^^♪

 

騙したり、煽ったりするつもりはありませんが、もしもそういった感想をお持ちで、本サイトに来られたのなら、必ずコチラのページを読んでから上記サイトを開いてください。

ニキビ跡を治す 本当の話

消えるまでにどのくらいかかったの?

この赤みのニキビ跡が、いつからあるのかと言えば、もう数年になります。
周りの目を気にし始めた頃から、あった気がします。

 

もともとニキビが赤く跡として残るのは、ニキビの炎症を抑えるために毛細血管が集まってきたからだそうですね。
個人差はありますが、通常なら早い人で2週間もあれば回復するそうなのですが、私の場合は何年も残ってしまったということです。
つまり、自力では治すことは難しいということだとおもいます。

 

リプロスキンという化粧水を利用しながら、1か月でほとんど気にならないくらいに、2カ月でほぼ消えてしまいました

 

これを早いと思うか、遅いと思うか、個人の考えもあるでしょうが、朝は洗顔後のメイク前に、夜はメイクを落とした洗顔後、スキンケアとして使ってください。画像のニキビ跡くらいでしたら、ほぼ確実に目立たなくなると思いますよ。

 

 

リプロスキンの公式HPはコチラ

購入を控えた方がいい方

どんな方にでも、ニキビ跡が治るなんてことはありません
なので、購入を控えた方がいい場合があります。
特に、リプロスキンの場合は、すぐにニキビ跡が治るという、期待を持って購入すると、とても残念な結果になると思います。

 

確かに、即効性という点では、期待しない方がいいでしょう。効果を感じるまで、かなりの時間が必要な場合が多いようです。
ニキビ跡が凸凹だったり、クレーターになってしまっている場合などは、真皮まで傷ついていると思ってもいいので、何年も再生に時間がかかるだけでなく、表皮のターンオーバーを繰り返さねばならないので、知っておかねばならない事実として、時間が必要だということです。

 

どうしても即効性を期待するのなら、購入は控えた方がいいでしょう。

ニキビ跡を治す方法 男性にも効果ある?

リプロスキンの効果は、男女問わず期待できるようですね。
最近の若い男性は、お肌の手入れに敏感な方が多いので、ニキビ跡を気にするようで、問い合わせもたくさん来ているようです。

 

ただ、お肌のお手入れも女性ほどではない方も多いので、少し皮膚も硬めな方が多いようなので、女性よりは効果を感じるまで、時間を必要とするかもしれません。

 

また、男性の場合は、ニキビ跡を治したい場所として、胸元ニキビや背中ニキビ、二の腕ニキビなど、体の各パーツ毎に悩みがある方が多いようです。
ニキビ跡を治す方法を、なかなか見つけられなくて、悩んでいたという方からの問い合わせもあるとのことでした。

 

男性の場合、スポーツをする方などは、もともと皮脂の分泌が多い上に汗をかくので、毛穴が詰まってしまい、体にニキビができているケースが多いのです。さらにニキビケアを忘れてニキビ跡にまでなってしまい、どうしても治らないと困ってみえるようです。

 

そんな男性でも、女性と同様に効果が期待できますので、是非使用してみてください。

 

 

リプロスキンの公式HPはコチラ

消える傷と消えない傷とニキビ痕

 ニキビができてしまうだけでも気になるのに、さらにニキビ跡として残ってしまったら本当にショックです。ニキビ跡にはいろいろとあるようですが、傷にも消えるものと消えないものがあるように、ニキビ跡にも同じことが言えるのでしょうか?
 ニキビ跡には、赤みが残るもの、色素沈着があるもの、凹凸があるクレーター状のものの3つの種類があると言われています。それぞれの原因によって治療法や完治までの時間が異なります。特に凹凸型のものは治りにくく、時間がかかると言われています
 傷やニキビ跡の改善には、肌周期ととても深いつながりがあるようです。正常の肌周期は約28日ごとに行われると言われていますが、加齢やホルモンバランスの状態によっては長くなると言われています。よって、早く傷跡やニキビ跡を消すためには、この肌周期を促進させることがとても大切になります。
 凹凸状やケロイド状となったニキビ跡は、皮膚組織が破壊されているため、新しい皮膚組織が再生されるのに、少なくとも2〜6年ぐらいかかると言われています。よって、ニキビ跡をなくし、きれいな肌を取り戻すためには、長い期間に渡る治療やスキンケアと根気が必要です。あきらめずに根気よく治療することで、ニキビ跡の気にならない美肌を手に入れることができるはずです。
 ニキビ跡が残らないようにするためには、白にニキビや赤ニキビなどの初期段階のニキビを完治させるようにすることです。できたニキビをつぶしてしまったり、ニキビを治そうとして過度の洗顔をして肌を乾燥させてしまうとニキビが炎症を起こしニキビ跡となってしまいますから、絶対に避けるようにしましょう。
 また、ニキビ跡に効果のあるスキンケア商品や、治療法などを探して、自分に合った方法を見つけて毎日継続させましょう。皮膚科などの医療機関でどのくらいの費用と期間で傷跡やニキビ跡が消えるのかたずねてみることをおすすめします。傷やニキビ跡の状態を診て、経験が豊富な医師であるならば、具体的な数字を打ち出してくれるはずです。